高く売るならココ!オークション代行サイトを徹底比較!

安心・オトクなオークション代行業者の探し方

第一位

オクサポ!

オクサポ!

高く売れる度:★★★★★
楽チン度:★★★★★
お得度:★★★★★

詳細はこちら

第二位

クイックドゥ

クイックドゥ

高く売れる度:★★★★☆
楽チン度:★★★★★
お得度:★★★★☆

詳細はこちら

第三位

宅オク

宅オク

高く売れる度:★★★★☆
楽チン度:★★★★☆
お得度:★★★★☆

詳細はこちら

HOME » はじめてのオークション代行サービス利用ガイド » 高く売れる商品をチェック

高く売れる商品をチェック

需要があったり、高値がつくなど、オークションで売れるものを紹介。
オークション代行に関わらず、洋服などは時期によっていい値段がつくんです!

高く売れる洋服とは?

オークションを利用して販売しようとする時「その商品は売れるものであるか?」ということを、真っ先に考えなくてはいけません。

そして売れ筋商品をいかにして、高く売れるようにするか、プロモーションが必要です。どんな商品でも同じですが、ここでは「高く売れる洋服のブランド」と、それらをさらに「高く売るコツ」をご紹介します。

高く売れるブランド

(1)HERMES

1837年に高級馬具店として店をかまえ、馬の鞍を入れるカバンを発売したことから、人気ブランドへとなりました。HERMESは細部に至るまで縫製がしっかりしているので、それだけでも職人の繊細な仕事ぶりを感じることができます。現在では、カバンや財布といった皮製品だけでなく、洋服やアクセサリー、フレグランスといった小物製品も人気が高く、多くの女性を魅了しています。

(2)ルイヴィトン

1854年に旅行鞄のお店を開店。ルイヴィトンといえば、機能にこだわったトランクが有名です。そして、人気のネヴァーフルは街で多くの女性が手にしています。有名なデザイナーとコラボして、多く斬新なルイヴィトン製品を提案しており、男女問わずファンが多いのもルイヴィトンの強みです。

(3)シャネル

1909年に帽子屋さんを設立。明るいイメージがなかった黒を基調としたシックなデザインで一躍有名ブランドへと登りつめました。黒とゴールドの組み合わせは、シャネルの特徴といえるでしょう。シャネルはファッションだけでなく、化粧品なども手掛けており、どの分野においても女性の憧れブランドの一つです。

では、何故これらのブランド商品が高く売れるのでしょうか。理由の一つとして、共通していえるのは「定番」があるということです。HERMESといえば、鮮やかなオレンジ色や馬のロゴ。ルイヴィトンは「V、L」を掛け合わせたロゴやダミエのデザイン。シャネルは「C」をふたつ合わせたロゴ、漆黒の黒にゴールドの金具が印象的です。これらの特徴は、年間季節問わず「定番」として存在しているからです。そのため、洋服であっても流行にとらわれることなく、着用できるという利点があります。何よりもブランド品は、素材や仕立ても丈夫なため、例え古着であっても、新品や流行りの物とさほど遜色なく着用することができます。そのため、年間通して根強い人気があり、高値で取引されているのでしょう。

洋服を高く売るコツ

洋服を処分するタイミングは、季節の変わり目や引っ越し、大掃除の時ですね。「捨てるよりも、誰かが愛用してくれてお金に換えられるなら」と、思ったら、ぜひオークションに出品してみましょう。そして、同じ出品するなら少しでも高く売れるように!そのためのコツをお伝えします。

(1)時期

まず大切なのは、出品時期です。ハイシーズンの時にその季節のものを出品しても、思うようには落札されません。高く売るために適した時期は「ハイシーズンの少し前」と覚えておきましょう。春物は、2~3月、夏物は5~6月、秋物は8月、冬物は10~11月が最も適した出品時期の目安です。

(2)状態

オークションに限らず、洋服を購入する際には、汚れもなくシワでよれていないものを選びますよね。それは、オークションも同じです。なるべく良い状態のものを、出品するように心掛けましょう。状態をよくするために、まずは自宅でできるクリーニングをおすすめします。シワがあればアイロンがけをし、ボタンのほつれがあれば縫い直しましょう。特に洋服の場合には、汗や皮脂によって襟の内側や脇の下、袖口に汚れが残っている場合があります。そのような場合には部分用洗剤を使ってみましょう。こうしたひと手間が、高額落札への一歩となります。

(3)撮影方法とアイテム

実際にお店に足を運んで購入するのとは違うため、入札をしてもらうまでに購買意欲を高めるための工夫をする必要があります。まず一つ目は、写真の明るさ。明るさは商品の印象を大きく左右します。最適な明るさは、自然光を取り入れた部屋で撮影すること。もちろん、床置きしての撮影はNG!なるべく素材そのものの色味が表現できるように、綺麗な無地の布をひいて撮影しましょう。ふたつ目は、アイテムを取り入れること。出品する商品だけでなく、カバンやボトムス、靴などのアイテムを追加して、全身のコーディネイトをした状態で撮影するのがおすすめです。お手持ちのカバンと靴、帽子などと組み合わせて、実際に着用した時の写真を載せるのも洋服のイメージを膨らませてもらう工夫です。こうした手間と工夫が、多くの方の目にとまるきっかけとなり、高く洋服を売ることに繋がります。

高額売買を実現しよう!オークションで売れるものとは

「どんなものに需要があるか分からなくて、何を売ったらいいのかわからない…」なんて人は多いと思います。

たくさんの人がアクセスするオークションには、さまざまなニーズがあるもの。

自分では価値がないと思っていても、欲しがっている人はたくさんいるかもしれません。

ここでは、オークションでの需要が高く、高値がつく商品を紹介しています。

まずは、リストを見ていきましょう。

高値がつく商品リスト

  • ギザ10(ふちがギザギザの10円硬貨)

昭和26年~昭和33年くらいに発行された、希少価値の高い10円硬貨。10円以上の価値があり、取引数も多いようです。

  • ショップ袋

有名ブランドのショップ袋は、意外なニーズがあるもの。サブバッグとしてもちょうどいいので、人気があります。リメイクして使う人もいるのだとか。

  • 映画の半券

ファンなら集めておきたい、映画の半券。前売り券の半券には人気が集まるようです。

  • ハンドメイド品

手作りのアクセサリーなどを出品すると、いい値段がつくようです。個人でも質の高いものをつくる方はたくさんいらっしゃいますから、副業にもなります。

  • 取扱説明書、リモコン

必要なときに見つからないのが、説明書やリモコンの宿命。メーカーに注文するよりは安く、出品数は少ないので、意外と高く売れるのかも?

  • ポイントカード

よく行くお店のポイントカードなら、お金を出して買った方がおトクになる可能性も。オークションでは、本当にさまざまなポイントカードが取引されています。

  • ミニファミコン

「ミニファミコン」は、2016年の発売直後から店頭はあっという間に在庫ゼロ、抽選での販売を行っている店舗もあるほど高く注目されている商品です。このため、インターネットオークションやフリマサイトではかなりの高値で取引されており、オークション代行に出品する際も高値での取引が期待できます。転売している業者も、1万円を超える価格で販売しているところもある様子。運良く入手して今後使用する予定がない人は、高い金額で売れる可能性が高いです。

  • 携帯電話(ガラケー)

すっかりスマホが主流になったと思われている携帯電話業界ですが、ガラケーの需要は今も高く、オークションに出品することで高値の取引が期待できます。この理由としては、スマホをなかなか使いこなせない人が多いことや、通信料が高いので利用したくない人、通話とメールのみでシンプルに使用したい人が少なくないことなどが挙げられます。自宅に眠っているガラケーをぜひ出品してみましょう。

  • 昔の金縁めがね

「昔の金縁メガネなんて、使う人がいるの?」と思われる人もいると思いますが、金縁眼鏡はメガネとしての価値でなく、「金」としての価値があるため高値で売れるようです。昔の金縁メガネはメッキではなく本物の金の素材で作られているものが多いため、ブランド品でなくても金の買取としての需要があります。今はプラチナよりも金のほうが高値で買い取ってもらえるので、使用せずに保管している金縁メガネを持っている人は要チェックです。

  • 昔のテレビゲーム機

昭和時代に大流行したゲームは、現在ブームが再燃しています。このため、昔のテレビゲーム機を持っている人は、高値でオークションで売れるのだそうです。NEOGEOやPCエンジンは特に高値で売れるようですので、まだ持っている人はぜひ出品しましょう。リサイクルショップでは現在の相場価格で買い取ってもらえないので、より高値で売りたいならオークションがおすすめです。ソフトを売るときは、まとめて売るほうが高値で売れるようですよ。

  • 大正期の着物や和小物

近年のレトロブームに相成って、着物業界でも大正時代のレトロな着物や和の小物がオークションで高値で取引されています。大正時代の着物は個性があって色味も鮮やかなので、好んで着る人が多いのだとか。おばあちゃんが着ていた着物がまだ保管されているのであれば、ぜひ大切に着てくれる人に再利用してもらうとよいと思います。意外な品が高値で売れたりするので、まずは見てもらいましょう。

株主優待券や金券も!

買ったけど使わない金券や、使う機会のない株主優待券なども狙い目です。

金券ショップに売るよりも、オークションの方が高値がつくようです。

たとえば、人気が高い吉野家の株主優待券なら、3,000円の割引券が800円~900円ほどで取引されています。

また、iTunesカードも、額面の8割ほどで取引されます。

まずは問い合わせてみよう!

オークションでは、意外なものが高値で売れる場合があります。みなさんの家に眠った品物がお金に変わると思うと、これまでとは違う見え方になるかもしれませんね。

頭を柔らかくして、「こんなもの売れないだろう」とは思わず、まずは問い合わせをしてみることをおすすめします。

また、出品する商品の相場はどんなものなのか、ある程度ご自身でも下調べをすることをおすすめします。実際に落札されたら自分が想定していた金額と大きく乖離があると、不必要な心配をしてしまうこともありますよね。

購入時よりも大きく価値が下がっている場合もあるので、商品の相場を確認しておくことは重要です。

とにかく、どんなニーズがあるのか、どれくらいの相場なのかがわからないのがオークションなので、こんなもの絶対に売れない、高値で売れるはずなどと思い込まずに、まずは気軽に問い合わせてみましょう。

高値で売るコツ

では出品したものを高値で売るにはどうすればいいのか、ポイントをご説明します。

  • 写真

商品の写真は、基本的にオークション出品代行サービス側で用意してくれます。プロが綺麗に撮るため自分で撮影するよりも品質が高いです。
商品の傷や汚れなどもしっかりと説明しておけば、わかるように写真撮影してくれるので、後々のトラブルを防いでくれます。
入札者は実際のものが見られないので、写真で判断するしかありません。入札者のことを考えながら写真撮影するための情報をしっかりと伝えましょう。

  • 落札終了時間

オークションの終了時間は、利用者の多い土日の20時〜22時に設定するのが高値で販売するためのコツです。
商品によって終了時間の適正は変わりますので、代行サービス側としっかりと連携して終了時間を決めましょう。

  • 時期

出品する時期によって売れやすいものと売れにくいものがあります。代行サービス側からのアドバイスもしっかり聞いて出品時期を決めましょう。

  • 商品の説明は丁寧に

商品の出品作業は、オークション出品代行サービス側が行います。そのため、商品の細かい説明や付属品の有無など、商品に関する情報は事細かく伝えましょう。
傷の場所、汚れ、壊れ、動作するかどうかなど、相手が納得してから落札してもらえるように誠意を持って情報を伝えましょう。

  • 色や大きさ

商品を購入した時の箱は価格に大きく影響します。骨董品なども箱に作者の名前が記載していることもありますし、商品よりも箱の方が高値で取引されるケースもあります。

  • 付属品の有無

オークションで購入する人は、大事にしていた人から購入したいと思います。例えば、車だと、ワンオーナーで大事に乗っている車をそれ以外に比べると購入したくなりますよね。
商品が購入した時と近い状態で落札できるようであれば、落札価格も上がりますので、必ず付属品があるかどうか確認してから出品依頼を行いましょう。

  • 商品の購入時期

電化製品などで意外と金額が変化するのが、この購入時期などの情報です。 保証書やレシートなどもあればそういった情報も活用して詳細な商品情報を提供すると高値落札を狙うことも可能です。
なぜ時期によって金額が変化するかというと、販売時期によって良品、不良品であったり、商品の質が異なる場合があるからです。

 

口コミ評価が高いオークション代行業者・サイト

はじめてのオークション代行サービス利用ガイド

失敗しないオークション代行業者の選び方

【オススメ!】オークションサイトは結局どこがいいの?