高く売るならココ!オークション(ヤフオク)代行サイトを徹底比較!

安心・オトクなオークション代行業者の探し方

オークション(ヤフオク)代行サイトを徹底比較 » はじめてのオークション代行サービス利用ガイド » オークション代行とフリマアプリの比較

オークション代行とフリマアプリの比較

現在様々な種類のオークションがあり、同様にオークション代行サービスがあります。一方でスマホの普及に伴い色々なフリマアプリが急速に台頭しつつあります。今回はオークション代行とフリマアプリの比較をしていきます。

オークション代行のメリット

オークション代行サービスの最大のメリットは、出品した商品が高値で落札されやすくなる点です。

オークションでは、出品した商品が貴重な品物や人気の高いものであれば、思わぬ高値で落札される場合があります。しかし出品方法にもテクニックがあり、画像や商品説明文、価格設定などを間違えると、想定を下回る価格でしか落札されない可能性もあるので注意が必要です。

その点オークション代行ではオークションに慣れた専門の業者が出品作業をしてくれるので、自ら出品する場合に比べて高い価格で落札される可能性が高くなるでしょう。

さらにオークション代行を利用すると面倒な出品作業を行う必要がなくなるので、作業に充てる時間を短縮できるメリットもあります。

フリマアプリのメリット

フリマアプリの最大のメリットは、スマホで手軽に利用できる点です。多くのスマホアプリでは、スマホで撮影した画像をそのまま商品画像として利用できるので、家の中にあるものでも簡単に出品することができます。

フリマアプリを活用すれば、購入者とのやり取りや配送手配など、商品が売れた後の手続きもそのままスマホで行うことが可能です。

また、フリマアプリでは商品を購入することも可能です。商品を販売して得た代金を利用して同じアプリ内で買い物ができるので、効率的に買い物を進めることができる点もフリマアプリのメリットと言えるでしょう。

ヤフオクとメルカリの違い

ネットオークション大手のヤフオクと、フリマアプリの代表とも言えるメルカリ。不用品やプレミア品を売ろうと考えたときに頭によぎるサービスではないでしょうか。

ここからは、ヤフオクとメルカリの違いについて解説します。

ヤフオクの傾向

オークションという形式をとっていることもあり、ヤフオクではレアものやプレミア品、マニアックな商品などニッチな品目の取引が多くなっています。

例えば、プラモデルやカメラの他、書籍や限定グッズなどです。すでに販売が終了していたり、限定生産で手に入らなかったものなど、マニアやコレクターの人にとってはたまらない商品が多くあります。また、車や美術品、不動産といったカテゴリがあるのも特徴です。

利用者の割合は、30代~50代が多く、男女比も男性の方がやや多いと言われています。

ヤフオクのメリット

販売できるカテゴリが多く、利用者も多いことから市場規模が大きいことが1つとしてあげられます。その大きさは、ネットオークション市場の4割を占める勢いです。規模が大きいということは、出品すれば誰かしらの目には止まる確率が上がるということ。買い手のすそ野が広いと言えます。

また、販売者が値段を決めて売るのではなくオークション形式なので、出品したものによっては、予想以上の高値が付く可能性があるのも魅力でしょう。自身では価値がわからないものも、コレクターにとっては喉から手が出るくらい欲しいものかもしれません。どんなものが出品されているかを見ておき、自宅に売れるものが無いかさがしてみてはいかがでしょうか。

ヤフオクは、オークションだけでなくフリマ形式の出品にも対応しているので、高値が付きやすいものはオークション・日用品やある程度相場が決まっているものはフリマと品ごとに分けて使えるのもメリットです。フリマではある程度価格を担保できるので、上手く使い分ければより効果的に利益を上げられます。

ヤフオクの得意分野

ヤフオクで売れる分野は、コレクター商品やプレミア品など。また、パソコンやカメラ、ゲーム機器などのジャンク品も良く売れると言われています。壊れてしまっていても、使える部品があれば欲しいと思う人がいます。捨ててしまう前に出品してみるのも1つの手です。

その他、雑誌の付録や記念硬貨、ブランドの紙袋、スマホの空箱など、捨ててしまったりタンスの奥にしまいっぱなしになっていたりするものも売れ筋です。

引っ越しや大掃除の際に、処分しようと思っている大型の家具・家電も、ヤフオクなら売れる可能性があります。

メルカリの傾向

メルカリは急速に市場を拡大してきたフリマアプリです。今ではバーコード決済サービスも始めるなど、事業拡大を続けています。

着なくなった服や靴などのファッション中古やコスメ、美容グッズなどのほか、家電や雑貨など幅広く出品できるのが特徴です。ヤフオクがマニアックな商品が多い傾向なのに対して、日常的に使えるものの出品が多い傾向にあります。

メルカリのメリット

なんといっても出品の手軽さがメルカリのメリット。スマートフォンで撮影した画像を登録し、商品詳細や金額などもアプリ上で設定できます。必要事項を記載したら、出品するボタンを押して完了です。

全てがアプリ上で行えるので、スマートフォンの操作になれていればほとんど悩むこと無く利用できます。配送の際の梱包も、専用のボックスなどが登場しているのでそれほど手間もかかりません。

また、オークションとは違い価格を自分で決められるのもフリマアプリのメリット。価格が上がるかどうかといった期待と不安を抱かずに済みます。ですが、値引き交渉を持ちかけられる場合があるので、その際には対応が必要です。

さらに、手数料は発生しますが売る側と買う側の間にメルカリが入り、支払いがされたら商品を送るようになっています。商品を発送したのにお金が支払われないトラブルに合いにくいと言えるでしょう。

メルカリの得意分野

メルカリは幅広いジャンルの商品を出品できますが、得意分野はファッション系アイテムです。服や小物など、自分はもう着ないけどまだまだ使えるものが良く取引されています。ベビー用品やインテリア雑貨なども人気があるので、使わなくなってしまったものがあれば出品してみましょう。

特に衣替えの季節には、買い換えをしたいユーザーが色々と検索しているので、出品するタイミングが大切です。

ヤフオクとメルカリのユーザー層の違い

メルカリユーザーは、男性だと20代が多く、女性だと30代が多い傾向にあります。ですが、同年代の男女比に大きな開きはありません。そのため、自分の使っていたものは自分と同年代の人が買いたいと思い、家族のものならそれぞれの年代の人が欲しいと思うものになっています。

対してヤフオクは、30代から50代以上の男性比率が高いという偏りがあります。プラモデルやカメラ、ゲーム機といった男性が趣味にしている比率が高いものが売れやすいのも納得です。

出品するものによって、メルカリとヤフオクを使い分けてみるのも手かもしれません。売りたいものが多い・出品の手間がかかると感じているなら、代行業者を利用してもよいでしょう。特に高値が付きやすいヤフオクをメインで利用したいときは、代行業者を使ってもプラス収支になる可能性が高いのでおすすめです。

まとめ

今回は、オークション代行とフリマアプリそれぞれのメリットについて具体的に紹介しました。貴重な品物を持っていて、できるだけ高い価格で販売したい方であれば、オークション代行がおすすめです。

できるだけ手軽に品物を販売したい方や、日常的にフリマアプリで商品を購入する方などは、フリマアプリを利用することをおすすめします。

口コミ評価が高いオークション代行業者・サイト

はじめてのオークション代行サービス利用ガイド

失敗しないオークション代行業者の選び方

【オススメ!】オークションサイトは結局どこがいいの?

法人が利用したいオークション代行サービス利用ガイド

オークションでせどりを効率化させる4つのコツ

出張引取りしてくれるオークション代行業者まとめ

オークション代行サービスでフリマアプリ(メルカリ)の面倒な手間を省ける?

オークション代行で中古車を売るメリットとデメリット

サイトマップ