高く売るならココ!オークション代行サイトを徹底比較!

安心・オトクなオークション代行業者の探し方

オクサポ!

落札率:98%(※1)
受取額:75%(※2)

詳細はこちら

クイックドゥ

落札率:98%(※1)
受取額:65%(※2)

詳細はこちら

神戸オークション

落札率:98%(※1)
受取額:65%(※2)

詳細はこちら

※1:当サイトに掲載しているオークション代行業者の中から落札率98%以上の会社を3社紹介
※2:落札価格15,000円の場合
共に各社の公式サイト調べ(2021年5月時点)
オークション代行サイトを徹底比較!HOME » はじめてのオークション代行サービス利用ガイド » オークションのスマホ出品における注意点

オークションのスマホ出品における注意点

衣類・雑貨・ブランド品とは違い、スマホは電子機器でもあり精密機械です。ネットオークションやフリマアプリでスマホを出品するなら、トラブルを避けるために注意しておくべきポイントが3つあります。スマホ出品における注意点をわかりやすく解説しているので、参考にしてみてください。

スマホのオークション出品における3つの注意点

その1:ネットに接続しないことを必ず確認する

出品予定のスマホの電源を入れ、ネット・通信機能の使用ができない状態か必ず確認してください。携帯会社との契約が解除されていないと、落札者に購入者が使用した分の請求があなたのもとに届きます。出品したスマホが犯罪目的で使用された場合、トラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

大手オークションサイト「ヤフオク!」のガイドラインには、そのようなトラブルを防ぐために、ネットワーク利用制限の可能性がない携帯電話であることを確認した上で出品するよう記載されています。

その2:データをすべて消す(電子マネーを含め)

電話番号・インターネットの履歴・LINE・アプリ・クレジットカード・パスワードなど、すべてのデータを初期化しましょう。また、入力が面倒だからとパスワードを端末に記録させている人も要注意。落札後、あなたのクレジットカードやLINEpayなどが利用されてしまう可能性があります。個人情報の流出・悪用を防ぐためにも、必ずすべてのデータをリセットしてから出品しましょう。

忘れてしまいがちなのが、おサイフケータイをはじめとする電子マネーの引継ぎです。スマホを初期化してもおサイフケータイのデータは残るため、出品する場合は退会処理を忘れずに行ってください。

その3:出品前の動作・状態チェックを入念に!

落札後のクレーム・トラブルを避けるために、スマホの動作・状態確認を入念に行いましょう。以下に最低限チェックしておきたい項目をまとめています。

  • 画面のキズやひび割れはないか?
  • 電源がつくか?
  • 動作は重たくないか?
  • 各アプリは正常に機能するか?
  • 指紋認証や顔認証は機能しているか?
  • 音はでるか?
  • 水没したことはないか?
  • アプリが強制終了されないか?

すべて正常に動作する場合は、問題なく出品できます。もし過去に水没したことがある、または落下の経験やキズがある場合、トラブルの元になるので、出品時に必ず注意書きをしてください。

スマホ出品のトラブルを避けたい方はオークション代行の利用がおすすめ!

ネットオークションに出品するとなると、自分で撮影・顧客対応・発送手続きする手間が発生します。とくにスマホは精密機械なので、出品するだけでチェック項目がたくさん。オークション代行を利用すると、これらの作業をすべてプロの業者に任せられます。売上の数%の手数料で利用できるので、お手軽に手間と時間を省けるでしょう。

また、オークション代行業者はスマホの精密機械出品の注意事項や細かい規約を熟知しています。トラブルに巻き込まれないようにサポートしてくれるのが心強いですね。自分で出品するよりも高く売れたという事例もあるので、トラブルが怖い方や手間を省きたい方はぜひチェックしてみてください。

ヤフオクでスマホを出品するときのルール

ヤフオクをチェックすると、iphoneやAndroidoをはじめとしたスマホやipadがよく出品されています。スマホやでipadなどの電子機器を出品する際に注意したいことは共通ですが、各サイトによって出品ルールや基準に違いがあります。ヤフオクの場合、大まかな出品ルールは3つです。

  • 製造番号を商品紹介欄に記載すること
  • 中古スマホは状態が「◯」のみ販売可能
  • 「△」の中古スマホ出品はストア出店者のみ可能

この◯や△は、ネットワークの利用制限のことです。ソフトバンクやドコモなど、携帯電話会社ではネットワークの利用制限状態をチェックできるサイトがあります。中古スマホを出品する際は、ネットワーク利用制限の可能性がない「◯」表示になっているか?をチェックしましょう。「△」や「×」の場合は、出品できません。またストア出店者の場合「△」表示でも出品はできますが、万が一、ネットワーク利用制限がされてしまったときに落札額を保証しなければなりません。出品する前には必ずルールをチェックしましょう。

ヤフオクでスマホを出品するときのテンプレートを作ろう

ヤフオクでiphoneやAndroidのスマホを出品するときは、商品紹介欄にスマホの状態を詳細に書きましょう。

  • 商品名
  • 商品説明
  • 機種
  • 容量
  • キャリア
  • iOSのバージョン
  • IMEI
  • 付属品
  • 動作
  • 状態
  • 出品者からのコメント

見た目の状態だけではなく、スペックも詳細に書きましょう。自分で商品詳細がうまく作れない人は、テンプレートを使うと◎。ヤフオクなど、オークションサイトやフリマアプリで使えるテンプレートを無料で作れるサイトがたくさんあります。ぜひ利用して、落札してもらえるようなページを作りましょう。

Androidoをヤフオクで出品する前のデータ初期化方法

設定>バックアップとリセット>データの初期化をタップ>携帯電話リセットをタップ

Androidoのスマホを初期化したあと、端末からSDカードを抜き忘れる人が多いようです。必ずカードを抜いてから出品しましょう。

iphoneとipadヤフオクで出品する前のデータ初期化方法

設定>一般>リセット>全てのコンテンツ設定をリセット

iphoneは設定をリセットする前にAppleIDとパスワードが必要になります。AndroidのようにSDカードを挿入する場所はないので、初期化の操作だけは忘れないように手続きをしましょう。また、大事なデータは事前にバックアップしてから消去します。

ヤフオク落札相場~スマホケース・スマホカバー編

最安:1円~

平均:1,801円~

最高:195,000円

ヤフオクに出品されているスマホケースの価格をチェックしたところ、カジュアルなタイプからブランド物までたくさんのスマホケースが出品されていました。スマホケース・スマホカバーをファッション感覚で交換している人は、低価格で購入できるオークションを利用している率が高いのかもしれません。とくにベーシックな黒・茶色のスマホケースは落札ニーズが高いのか、多く出品されていました。

売れやすいスマホケース・スマホカバー

ブランド品

ブランド品のスマホケース・スマホカバーは入手困難なアイテムが多いため、オークションでも人気高めです。特に入札が多いブランドは、GUCCI・ルイヴィトン・サルヴァトーレフェラガモ・ポールスミス・イヴサンローラン・プラダ・エミリオプッチなど。定番のブランドロゴケースから、ポールスミスのようにデザインとバリエーションが豊富なタイプまで、幅広く出品されています。

数多くあるブランドの中でも、特にグッチとルイヴィトンは需要が高いようで、15,000円~25,000円で落札されている商品もありました。ルイヴィトンの中でも人気が高いのは、モノグラムやダミエのスマホケース・スマホカバーです。

手帳型

ヤフオクをはじめ、オークションサイトの中でも出品数が多く、落札されやすい人気商品の1つが手帳型のスマホケース・スマホカバーです。手帳型はSuicaなどのICカードを収納できる利便性の高さが人気。また、落としても画面に傷がつかない、電車やカフェでスマホを操作しても横から覗き見されにくいなど、メリットがたくさんあります。

手帳型のスマホケース・スマホカバーは、メーカーやブランドを問わず、スマホユーザーから人気です。オークションにおいて特に入札が多いのは、革製の手帳型スマホケース・スマホカバーでした。利便性とデザイン性の両方で支持されているようです。

入札されにくいスマホケース・スマホカバー

ハンドメイド品

ハンドメイドのオリジナルアイテムもヤフオクで流通しています。とくに多いのは、刺繍の入った女子ウケしそうなかわいらしいスマホケース・カバー。出品数は非常に多いのですが、革製の手帳型スマホケース・スマホカバーと比較すると入札数・落札価格ともに少なめでした。入札数ゼロではないものの、ハンドメイド品は好みが分かれるので、ヤフオクなどに出品したとき入札されにくい・売れにくいのが現状のようです。

ハンドメイドやオリジナル制作品はヤフオクではなく、ハンドメイドを専門に取り扱っているアプリ(minneなど)を使って出品した方が買い手が見つかりやすく、売れやすいのかもしれません。

キャラクタープリント

認知度が高く、世代を問わず人気のキャラクターがプリントされているスマホケース・スマホカバーは、落札される可能性高め!特にディズニーランド・シー内で限定販売されているアイテムは入札数が多いようです。2次元アニメ・キャラクターなど、好みが大きく分かれる商品は、ヤフオクよりもオタマートの方が高値で取り引きされている傾向。アニメ声優さんのサイン入りスマホケースが8,000円で取引されることもあるそうです。

 

口コミ評価が高いオークション代行業者・サイト

はじめてのオークション代行サービス利用ガイド

失敗しないオークション代行業者の選び方

【オススメ!】オークションサイトは結局どこがいいの?

法人が利用したいオークション代行サービス利用ガイド

オークションでせどりを効率化させる4つのコツ

出張引取りしてくれるオークション代行業者まとめ

オークション代行サービスでフリマアプリ(メルカリ)の面倒な手間を省ける?